とれんどにゅ~す

気になるあのにゅ~すをお届けします

【40代にしては意外と美人】40代独身婚活女子の「ざんねんな婚活」女性メディア編集長が赤裸々告白へ・・・

   

【40代にしては意外と美人】40代独身婚活女子の「ざんねんな婚活」女性メディア編集長が赤裸々告白へ・・・

1: 名無しのスコールさん 2019/04/06(土) 22:26:28.39 ID:ID:LRNke+7I0●.net
昨年12月に発売された『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』(小学館)。40代女性のリアルな婚活を赤服を着ていない状態々に綴った内容で、
「参考になる」といった声が数多く寄せられるなど、同年代の女性を中心に共感を呼んでいます。

執筆したのは、女性向けウェブメディア「OTONA SALONE」編集長の浅見悦子さん(46)。自身の婚活をリアルに描いた連載「40代編集長の婚活記」を一冊の本にまとめました。

いまなお婚活中という浅見さん。40歳を過ぎたあたりから恋愛から遠ざかり、「生涯おひとりさまかもしれない」と考えていましたが、なぜ婚活をすることになったのでしょうか。話を聞きました。(夏目かをる)
「婚活連載」を始めたワケ

浅見さんが婚活についての連載を持つようになったのは、コンサルティング会社から「恋愛に関する記事を出したほうがいい」と指摘されたことがきっかけでした。そこで知人にアドバイスを求め、自身の婚活体験を綴った連載を始めることになります。

「当時は20〜30代の婚活話は聞くけど、40代の婚活話はあまり多くないと気づきました。しかし、身近に取材する相手がいません。そんな時に『浅見さんが婚活をやってみたら面白いんじゃないの?』と知人に提案されました」

「面白い」という言葉に弱い浅見さん。新しいことに挑戦するという「好奇心」も手伝って、2016年に「婚活連載」がスタートしました。
恋愛のトラウマ

「一生独身かもしれない」。浅見さんは40歳を過ぎたあたりで、こう思うようになりました。その理由は、過去の恋愛事情にありました。

「高校時代は、ソフトボール部を立ち上げたり、文化祭でみんなと一緒に自由の女神像を作ったり、友達や仲間と行動することが楽しくて、男子とつきあいたいという気持ちが理解できなかった。『つきあうってなに?』みたいな。恋愛はわからないと思っていました」

その後、青山学院大学に入学すると、合コンがきっかけで一つ年上の大学生とつきあうことになります。ところが半年後に、彼の浮気が発覚したのです。

「初めてつきあった彼に浮気されたのがショックでしたね。中学か高校の頃に『金妻(金曜日の妻たちへ)』など不倫ドラマが流行っていたので、
浮気はドラマだけのことだと信じていました。おそらく私は少女漫画の影響で『恋愛はピュア』と思い込んでいたからでしょう」

それ以来、恋愛に対するイメージが損なわれてしまった浅見さん。次こそはと思っていましたが、次の恋人も失望してしまう相手でした。

「大学4年の就活の時に仲良くなった同じ年の男性です。就活中に告白され、彼氏なしの3年のブランクに戸惑いながらも、『告白されたのだから』
とつきあい始めました。ところが夏前につきあって、クリスマス直前で破局。理由は彼が元カノとヨリを戻したからです。決定的に悪いことを言ってくれたら直せるのに、
別れる時に『あなたは大丈夫』と言われてがっくり。それからは恋愛よりひとりが向いていると思うようになりました」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010000-danro-life

40代にしては意外と美人な婚活女子の編集長

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554557188

続きを読む

 - Uncategorized

×